トップページ>生産者紹介>更木ふるさと興社

生産者紹介 更木ふるさと興社

更木ふるさと興社

厳選された新鮮な桑の葉から出来た桑茶をお届けいたします。

こだわり

地元の資源を活かして

かつて養蚕の盛んであった北上市。しかし時代の流れと共に養蚕を営んでいる農家は減り、現在では更木地区のみとなりました。更木地区住民は市で唯一残されている「桑」という資源を「お茶」として製造し地域の特産品にしたいと考え、地元有志約50人が出資し会社「更木ふるさと興社」を平成21年に設立し美味しいお茶づくりに励んでおります。


美味しいお茶つくり

更木ふるさと興社では、美味しいお茶を加工するために桑畑を再生、また桑葉の栽培、管理、収穫、そして製造まで一貫して行っております。最高の桑葉を作るために専属スタッフが桑葉の育成方法を毎日勉強・研究し、毎日の温度管理はもちろん、農作物の天敵の害虫駆除、天候の乱れによる病気への管理、安心安全な桑園の管理を行い、最高の桑葉を育てております。大切に育てられた桑葉を7月から10月まで地元の福祉施設の方々と協力し収穫し、収穫直後の葉を東京の健康食品会社と共同で設立した「桑茶専用工場」で日本茶と同じ方法で加工されます。
鮮度抜群の桑葉から出来た「更木桑茶」はミネラル成分が豊富で、現代人の健康維持に役立ち、また一切の添加物が入っていないため桑本来の美味しい味が楽しめます。


桑茶普及への取り組み

更木桑茶新茶まつりや、B級桑グルメコンテストを開催。
更木ふるさと興社では北上調理師会を中心に北上市内の食関連業者や料理好きのアマチュアに参加を、プロの部は8社、アマの部に9名が参加し多彩な料理が出品されました。
コンテスト終了後には、桑茶まつりの参加者に出品料理がふるまわれ大変好評をいただきました。
流し桑そうめんなどのイベントも行われました。
更木の桑茶を使った地域おこしは、これからも続いていきます。

いわての試食サイト 「けろっこ」


Copyright ©2009-2013 Kerokko All rights reserved.