トップページ>生産者紹介>高源精麦株式会社

生産者紹介 高源精麦株式会社

高源精麦株式会社

私達は、お客様に喜ばれ愛される製品を、
情熱と誇りをもって提供していきます

こだわり

白金豚のできるまで~2サイトシステム~

銘柄豚「白金豚(はっきんとん)」とは私ども高源精麦(株)が、飼育配合から出荷まで一貫体制で生産している豚肉です。 日本有数の農業県でもある、岩手の広大な土地で飼育した豚を、地域発の”ブランドポーク”として広めていくべく立ち上げました。創業明治43年、畜産には昭和33年代から携わっており、「白金豚」には時代時代に関わったスタッフの思いがこめられています。

白金豚の特徴は、離れている二つの農場で家畜を育てる2サイトシステムです。
具体的には、受胎・出産が行われるのが「分娩舎」と、離乳期の子供だけを育てる「離乳舎」を離して、それぞれ別のそれぞれ別の農場に建てる方法です。

豚も人間の赤ん坊と同じ様に、離乳期を迎えるころから、母乳による免疫力が低下し始め、体が弱くなります。その為、離乳期の間は、周囲に成豚のいない環境や設備が整った「離乳舎」に入れて、外界から守ってあげるのです。


白金豚の飲水

当社の養豚場は、奥羽山脈の山間にあり、豚の飲用水として山の湧き水を使用しています。さらに、その水を釜石でとれたミネラル群たっぷりの鉱石で濾過した、極上の活性水を与えています。豚達は、生まれてから出荷されるまで、常時その極上活性水を飲んでいるので肉質やわらか、肉味まろやかな仕上がりになっています。


LWB種

「白金豚(白金豚)」はLWBと呼ばれる三種の血統の混じった豚です。
これは母親にLWと呼ばれるランドレースと大ヨークシャーの混血種をもち、父親にバークシャー豚をもつものです。

  母豚の長所はその繁殖力の強さ、体力の強さにあり、父豚の長所は脂肪の厚さ、旨みの多さにあります。食味的にはすっきりとしたヘルシー感が母親ゆずり、豊かな旨みが父親ゆずりといったところでしょうか。

   体色は殆どが白豚の色ながら、ブチの入った豚や、黒豚と同配色の豚も一緒に生まれます。ご家庭で犬やネコの出産を経験された方にはわかると思いますが、あんな風に兄弟でもバラバラの体色にわかれます。
  (なお当社内の調査によれば、体色の違いによる食味の差はありませんでした)

 参考  同じようにLWD、LDBなど三種を交配した豚は他にもございます。今ではその交配の組合せが各農場のアイデンティティといえるでしょう。

いわての試食サイト 「けろっこ」


Copyright ©2009-2013 Kerokko All rights reserved.