トップページ>生産者紹介>SAVE IWATE

生産者紹介 SAVE IWATE

SAVE IWATE

ひとつひとつ、丁寧に。人の手で作る「ありがとう」のクルミ。

こだわり

三陸の和グルミプロジェクトとは??

2011年3月11日から1年以上の月日が過ぎました。
時間を重ねても、あのときから動き出せないままの人、動き出そうとしている人、動き出した人と様々です。
心の問題も大きいですが、「仕事を失った」、「収入がない」という現実の問題を乗り越えられないままの方も多くいらっしゃいます。
少しでもそのような方々の力になりたい!!
そんな思いからこのプロジェクトはスタートしました。
私どもが着目したのは「和グルミ」。岩手ではおいしい味のことを「クルミ味がする」という言い方がされてきました。それほどおいしいクルミですが、拾い、洗い、乾かし、割り、むいて、それからやっと調理に入ります。手間がかかることからあまり利用されなくなり山野や川原で埋もれてしまっていた資源を生かし、収入につなげよう!というものです。
殻付きの和グルミを三陸の皆さんに拾い集めていただき、その和グルミを買い取りに3か月かけて沿岸を回りました。約330人の方から、合計23トン、約230万個の和グルミを提供いただきました。買取金額は約600万円です。1人平均2万円弱ではありますが、貴重な現金収入になり、みなさんに大変喜んでいただきました。これで病院に行けると話しをされたおばあさんもいました。 そして被災され慣れない盛岡市内に避難された方々を雇用して、和グルミの殻むきをしていただいています。
被災地はまだ復興へ向けて歩みを始めたばかりです。
ひとりでも多くの方がこの「三陸の和グルミプロジェクト」にご賛同いただき、被災地へ思いを寄せてくださいますように。


盛岡市内へ震災後に被災地から避難してきた方は未だに数千人にのぼると言われています。故郷に帰るめどが立たない中、三陸の和グルミプロジェクトに参加しながら、やっと安心できる「場所」を見つけた方も多くいらっしゃいました。三陸の和グルミを通して、日本各地の皆さんからの応援も。そんな応援に『ありがとうの気持ち』で、三陸の和グルミを加工している、そんな感じがしました。最後まで、手をかけて、丁寧に皆さんのお手元にお届けしています。

※『三陸の和グルミプロジェクト』は2014年7月に『和グルミプロジェクト』へ名称変更いたしました。


いわての試食サイト 「けろっこ」


Copyright ©2009-2013 Kerokko All rights reserved.